結婚の意味

人生の中の大きな節目の1つに“結婚”があります。
愛する伴侶との幸せな日々を想像し、親戚や友人・知人に祝福してもらう結婚式は、まさに一大イベントです。

しかし、幸せを願ってするはずの結婚でも、実際には、“幸せな結婚”と“不幸せな結婚”があり、離婚に至ってしまうケースも少なくありません。

●子孫の繁栄と制度
人によって“結婚”に対しての意味や価値基準は異なっていますが、世界共通の意味として「異性同士が正式に夫婦として認められる契約の1つ」であることには違いありません。

では、なぜ“夫婦”になる必要があるのでしょうか?
人間は、他の動植物と同じように“種族保存”という本能があります。そして、子孫繁栄の為に、より強いDNAを残そうとします。

自然界では、より強いDNAを残す為に弱肉強食によって伴侶を獲得し、子孫を残そうとしますが、人間社会で同じ弱肉強食を行うと人間同士で殺し合うことになってしまいます。

つまり、人間社会の秩序を保った上で子孫を繁栄させる方法として、“結婚”という制度は存在し、正式に夫婦をして認められた人を弱肉強食によって奪えないように法的に規制しているということが言えます。

●“結婚”の現状
かつてはベビーブームと呼ばれる時代もありましたが、現在の日本では少子化が社会問題になっています。
少子化の問題としては、単に1家族あたりの出産率が低下していることばかりでなく、婚姻率自体が少なくなっていることも大きな原因の1つだと考えられます。

日本の結婚の形の1つに“見合い結婚”というものがあります。見合い結婚は、一族が繁栄する為により良い条件の相手を見つけて結婚をするものですが、それが当たり前となっていた時代と比べ、結婚に対して求めるモノが変化してきたと言えます。

特に男性と女性では、結婚に対する認識が大きくズレてきているのではないでしょうか。

News!